コレクション

蔵書やサボなどの蒐集品です。

鉄道部品
その他の品


鉄道部品

国鉄時代に使用されていたサボです。
当時の国鉄が即売会を開催した際に購入したものなどです。

▲ Topへ
「成田回り」のホーロー・サボ
〜総武本線〜
i8010002.jpg

千葉県の総武本線で使用されていたものと思われます。
総武本線は、C57形蒸気機関車が客車を牽引して頃でしょうか。
客車用か気動車用か判りません。

「千葉(成田回り)銚子」「両国(成田回り)銚子」が表裏に記されています。

「木更津回り」のホーロー・サボ
〜房総西線〜
i8010003.jpg

房総は内房線・外房線(当時はそれぞれ房総西線・房総東線)などは新鋭気動車が投入され、比較的早く無煙化されたと思います。
詳しいことは不明ですが、房総西線の気動車用のサボなのかもしれません。

「館山(木更津回り)新宿」「館山(木更津回り)両国」が表裏に記されています。

「松本経由」のホーロー・サボ
〜中央西線〜
i8010004.jpg

名古屋−塩尻(中央西線)、塩尻−松本(篠ノ井線)、松本−信濃四ツ谷(大糸線)を走る列車の往復のためのサボと思われます。
信濃四ツ谷は現在の白馬です。
客車用のサボと思われますが、いつの時代のものかは不明です。

「信濃四ツ谷行(松本経由)」「名古屋行(松本経由)」が表裏に記されています。

列車種別・列車名を示すサボ
i8010005.jpg

「あずさ」は中央東線を代表する特急列車です。新宿−松本間を181系で使用していたときのものと思われます。
「信州」は上野−長野間を信越本線経由で結んでいた急行列車です。169系に使われていたものでしょうか。
「あずさ」「信州」のサボはホーローです。

「急行」と記されたサボはプラスティック製ですので、古い時代のものではありません。

▲ Topへ

その他の品

いろいろな所で購入した、いろいろな品です。

公開している物のほかにも、記念切符やオレンジカード、ポスターにパンフレットなどなど沢山のコレクションがあります。
時期を見て、公開していく予定です。

▲ Topへ
見学記念
〜交通博物館〜
i8010009.jpg

ブルートレインのヘッドマークは、バッジです。
キーホルダーは、客車時代の「かもめ」のヘッドマークです。
その昔、東京神田の交通博物館で購入したものです。

旅の記念
〜北陸旅行〜
i8010010.jpg

大糸線のキハ52形気動車を模した携帯ストラップと寝台特急「つるぎ」のキーホルダーです。
北陸の旅の記念に購入したものです。

開業記念
〜東北・上越新幹線上野駅〜
i8010011.jpg

1985年3月14日に東北新幹線・上越新幹線の上野駅が開業しました。
それまでは、大宮駅が起点となり185系の「新幹線リレー号」が上野−大宮間を走っていました。
開業記念のコインのようです。

廃止記念
〜東京都電銀座線〜
i8010012.jpg

1967年12月10日に東京都電が銀座から姿を消した当時の記念品です。
廃止された都電のレールを切断して作った文鎮です。

都電に「銀座線」の名称はありませんが、1系統などの銀座四丁目付近を銀座線と呼んでいたのでしょうか。


▲ Topへ