鉄道写真の原点

上野駅と東京駅(1976年〜1977年)
旧形国電(1977年〜1995年)
1970年代の撮影記録
1980年代の撮影記録
1990年代の撮影記録


上野駅と東京駅

1976年〜1977年

i0020000.jpg

初めて撮った「鉄道写真」。撮影日は、1976年5月16日。
上野駅7番線ホームの新潟行「特急とき」です。
画像をクリックするとほかの画像をご覧になれます。

鉄道写真の原点は、上野駅や東京駅での特急列車を中心とした撮影でした。
東北・上越新幹線の開業前で、それは沢山の特急列車を見ることができました。

▲ Topへ

旧形国電

1977年〜1995年

i0030320.jpg

関西急電の印象を残した張り上げ屋根が美しい合いの子クモハ53形です。
飯田線が戦前型旧形国電の聖地として崇められた日々も遠くなりました。
(1983年4月26日撮影)
画像をクリックするとほかの画像をご覧になれます。

地方まで遠征して写真を撮りに行くようになったのは、旧形国電の魅力にとりつかれたから・・・。
といっても、どちらかと言えば車輌そのものに興味があり、走行写真や風景を入れた写真を撮るようになったのは、旧形国電が無くなる直前からでした。
今考えれば、非常にもったいないことをしたものです。

▲ Topへ

1970年代の撮影記録

1976年〜1979年

i0023000.jpg

羽田空港駅の京急400形です。
1970年代は、首都圏の各私鉄に多くの旧型車輌が残っていました。
(1976年6月6日撮影)
画像をクリックするとほかの画像をご覧になれます。

最寄りの駅から都心へは乗り換えなしに行けたので、親せきの家への訪問や買い物などの際にも列車を撮影することがありました。
何気ないいつもの景色の中で、カメラを向けることは多くはありませんでしたが、そんな中からスナップ写真を集めてみました。

▲ Topへ

1980年代の撮影記録

1980年〜1988年

i0023100.jpg

国鉄からJRへ移行して間もなくの信濃路を快走する急行「かもしか」です。
(1987年4月頃撮影)
画像をクリックするとほかの画像をご覧になれます。

国鉄末期から民営化への転換期に当たる1980年代は、東北・上越新幹線の開業もあり、激動の時代と言えるでしょう。
学生時代を挟み、時間を自由に使える身であったはずですが、旧形国電を除けばこの頃の鉄道写真はあまり多くはありません。

▲ Topへ

1990年代の撮影記録

1990年〜1999年

i0023100.jpg

秩父鉄道では1988年から観光列車としてSLの運転を始めていました。牽引機はC58形蒸気機関車です。
(1990年7月15日撮影)
画像をクリックするとほかの画像をご覧になれます。

すでに社会人になっていた1990年代は、鉄道写真のための撮影機会は少なく、旅行の際にちょっと立ち寄ったりしたものが殆どです。
ビデオ撮影も始めていて、残っている記録はどちらも中途半端なようです。

▲ Topへ