登山年月日  2017年10月 5日
参加人数  大人 2人
日程  日帰り
天候  晴れ
距離   7.7Km
時間(休憩を含む)   4時間54分
スタート地点標高  1850m (八方池山荘)
最高点標高  2430m (丸山ケルン)
ゴール地点標高  1850m (八方池山荘)
標高差(最大)   580m
累積標高  + 701m、- 702m
気温  15℃ (丸山ケルン)

  (※ 標高、距離には誤差が含まれます)

2017年、安曇野に転居してから初めての『山歩き』は4年振りとなる北アルプスです。
毎日のように目の前の北アルプスを眺めて暮らす生活にも慣れ、新たな気持ちで北アルプスの『山歩き』を楽しみました。
当初は八方池までの予定でしたが、到着すると物足りなく感じてさらに上を目指しました。
天候に恵まれて歩く登山道からは上越国境、八ヶ岳、富士山、南アルプスが一望に見渡せました。

( 8:06) 最寄駅からゴンドラ乗場まで
〜JR白馬駅〜
r0420001.jpg

自宅最寄の駅から始発電車に乗り、登山口最寄駅の白馬には午前8時頃には到着します。
JR白馬駅からは、徒歩でゴンドラ乗場を目指します。

( 8:22) 駅前通り
r0420002.jpg

白馬駅からゴンドラ乗場までは近道を使って 2.7Kmほどです。
30分ほどの道のりはウォーミングアップに程良い運動です。

( 8:42) 八方アルペンラインのゴンドラ乗り場
〜八方尾根ゴンドラリフト八方駅〜
r0420003.jpg

ゴンドラとリフトを乗り継ぎ登山口を目指します。

( 8:52) ゴンドラの景色
r0420004.jpg

ゴンドラ下の木々はまだ緑色です。

( 8:57) アルペンクワッド・リフト
〜兎平〜
r0420005.jpg

ゴンドラからリフトに乗り継ぐ道を歩きます。
ゲレンデは枯草色に染められていました。

( 9:06) 秋色の湿原
〜黒菱平〜
r0420006.jpg

黒菱平の湿原は紅葉が進んでいます。
背景にある白馬三山は濃いガスに遮られて見えません。

( 9:12) クワッド・リフトで登山口へ
r0420007.jpg

最後のリフトに乗って、間もなく登山口です。
八方尾根の姿は霧の中です。

( 9:18) スタート地点(標高1850m)
〜八方池山荘〜
r0420008.jpg

リフトを下りて目の前の八方池山荘付近がスタート地点です。
天候が良ければ八方池までは軽装でも登ることができます。

※八方池までの間に一ヶ所トイレがあります。計画的に利用しましょう。

( 9:19) 歩きやすいコースへ
r0420009.jpg

石神井ケルン近くのトイレがある辺りまでは2つのルートが整備されています。
久し振りの『山歩き』です。念のため比較的緩やかな木道のコースをとりました。

( 9:28) 雲の上に出る
r0420010.jpg

歩き始めてすぐ、眼下に雲海が広がります。
不安だった天候も心配ないようです。

( 9:40) 鹿島槍ヶ岳と五竜岳
r0420011.jpg

左手には後立山連峰の鹿島槍ヶ岳と五竜岳が見えています。
歩きやすい木道をゆっくりと進みます。

( 9:44) 凍てる水
r0420012.jpg

麓は一桁の気温ですが、山の道はもっと寒かったようです。
登山道の道に凍った水たまりを見つけました。

( 9:46) 木道
r0420013.jpg

整備された木道の道を歩きます。

( 9:51) 尾根道に出る
r0420014.jpg

尾根道に出ると正面に不帰ノ嶮(かえらずのけん)を見ながら進みます。
右手には白馬三山が聳えています。

(10:16) 第三ケルン(標高2080m)
〜八方池〜
r0420015.jpg

八方池を見下ろす第三ケルンに到着しました。
登山口から約1時間、最初の目的地です。

(10:24) 池の畔で見つけた花
〜八方池〜
r0420016.jpg

第三ケルンから八方池の畔まで下りてきました。
花の季節は終わってしまったと思っていましたが、僅かに見ることができました。

(10:26) 八方池の畔で休息
〜八方池〜
r0420017.jpg

今朝ほどコンビニで買い求めた"おにぎり"と"クリームパン"、そしてコーヒーを注いで休憩します。

(11:00) 上を目指して出発
〜八方池〜
r0420018.jpg

八方池までとスタートした『山歩き』ですが、少し物足りなく感じてもう少し上まで行くことにしました。
この先は登山装備が必要となりますが、もちろん抜かりなく物は揃っています。
唐松岳までは登りませんが、時間と体力を見ながらゆっくりと進むことにします。

(11:11) 本格的な登山道
r0420019.jpg

八方池までの道から一転、足もとに一層注意が必要となる山道となりました。

(11:15) 登山者カウンター
r0420020.jpg

登山道の途中には「登山者カウンター」が設置されていました。

(11:19) 尾根を巻く道
r0420021.jpg

以前登った時は残雪の尾根道を歩きました。
雪の無い山道は尾根の巻き道です。

(11:25) 迫る五竜岳
r0420022.jpg

登山道左手の五竜岳が一層近づいてきました。
険しい山肌が間近に迫ります。

(11:36) 八ヶ岳、富士山、南アルプス
r0420023.jpg

八方池の手前辺りから富士山が見え始めていました。
標高が高くなるに連れて、雲に浮かぶ日本有数の峰々が一望のもとに見渡せました。

(11:41) 暖かな道
r0420024.jpg

尾根の南側を歩く道は陽射しがあって暖かな道です。
上りの道は少し汗ばむくらいです。

(11:50) 扇雪渓の入口
r0420025.jpg

一年でも一番残雪の少ない季節ですが、雪渓を見ることができました。

(11:53) ダケカンバの森
r0420026.jpg

冬季の雪の重みのためか、ダケカンバの木々は一様に曲がっています。

(12:07) あと一息の上り道
r0420027.jpg

南側の斜面から尾根道に出ると冷たい風が吹き付けてきました。
正面の小高い所を上り切れば目的の丸山ケルンです。

(12:13) 丸山ケルン(標高2430m)
r0420028.jpg

八方池を出てから一時間あまりで丸山ケルンに到着しました。
山頂を目指さない『山歩き』も天候に恵まれて楽しい道となりました。

(12:16) 丸山ケルンから見る上越国境の山々
〜丸山ケルン〜
r0420029.jpg

雨飾山、妙高山といった上越国境の山々も見ることができます。

(12:21) 不帰ノ嶮
〜丸山ケルン〜
r0420030.jpg

不帰ノ嶮の険しさが伝わってきます。

(12:23) 下山
〜丸山ケルン〜
r0420031.jpg

山の空気を満喫して、下山することにします。

(12:33) 緊張する下りの道
r0420032.jpg

久し振りの『山歩き』に疲れも出てきました。
下りの道は緊張感をもって慎重に進みます。

(12:40) 扇雪渓
r0420033.jpg

上から見る扇雪渓です。
雪の様子がよく分かります。

(12:53) 滑落に注意して
r0420034.jpg

斜面に細い道が続きます。
足を滑らせれば何処までも落ちて行ってしまいます。

(13:09) 八方池を見下ろす道
r0420035.jpg

八方池が見えてきました。

(13:29) 八方池(標高2060m)
r0420036.jpg

八方池まで戻って来ました。
少しの間、休憩します。

(13:33) 再び歩き出す
r0420037.jpg

八方池を出発しました。
白馬三山は霞むことなくずっと見えています。

(13:49) 下山はルートを変える
r0420038.jpg

下山の道はルートを変えてみました。
木道の少ない道を歩きます。

(13:56) 登山口を見下ろす
r0420039.jpg

登山口の八方池山荘を見下ろします。
楽しい山道ももうすぐ終わってしまいます。

(14:12) ゴール地点(標高1850m)
〜八方池山荘〜
r0420042.jpg

登山口の八方池山荘前に到着しました。
連休前の平日とあって、秋の好天にしては登山客も程々で歩きやすい道でした。
何よりも久し振りの『山歩き』を無事に終えることができたのが良かったことでしょう。

(14:20) 黒菱平から臨む白馬三山
r0420041.jpg

朝方はガスに遮られていた白馬三山が黒菱平からはっきりと見えていました。

(14:32) シナノゴールドのソフトクリーム
r0420042.jpg

リフトからゴンドラに乗り換える途中で信州の林檎シナノゴールドのソフトクリームを食べました。

(14:44) ゴンドラから見下ろす白馬の街並み
r0420043.jpg

下りのゴンドラからは秋めいてきた白馬の街並みが一望できます。

(14:58) 白馬駅まで歩く道
r0420044.jpg

ゴンドラを降りて、白馬駅まで歩きます。

(15:11) 歩道の整備された道
r0420045.jpg

駅へと続く道は歩道が整備されていて安全に歩くことができます。

(15:28) JR白馬駅
r0420046.jpg

JR白馬駅に到着しました。
南小谷からの列車を信濃大町で乗り換えて、暗くなる前には我が家へと辿り着くことができました。


Topへ